イビサクリームが通販商品化された理由に驚き!

イビサクリームの誕生秘話を知って驚きました。
口コミ評判の高いブラジリアンワックス脱毛サロン「イビサワックス(Ibiza wax)」をご存知ですか?
何と元はサロン専用のケア剤として店舗販売したいたものらしいんです。

 

ibizawax

 

やっぱり綺麗なビキニラインを求めると、デリケートゾーンの脱毛は必須ですよね。
自分でお手入れするのも難しいですしね。

 

 

デリケートゾーンの脱毛ってどうしても肌への刺激が強く、負担がかかってしまいますよね。
だからこそケアが欠かせない部位なはず。

 

 

でも脱毛すると普段は毛に覆われていた部分が露出するので、黒ずみがすごく気になりますよね。((((;゚Д゚)))))))

 

 

当然こう感じるは私だけなはずもなく、サロン専売品として最初の「イビサクリーム」が誕生したらしいんです。
施術を受けた方から「黒ずみのケア剤ってないんですか?」って声が多かったようです。
さらには、「毎日使いたいので売ってくれませんか?」なんて要望も少なくなかったみたいです。

 

イビサクリーム

 

通販で大人気のイビサクリーム、成分を見るとコスパがすごかった!」でも記載しましたが、「トラネキサム酸」が決め手となり、製品化されたようです。
何かお客さんの声から開発されたって点とか、サロン専売品の通販化商品と聞くと、安心ですよね(^。^)

 

 

アンダーケアは海外では常識!?なんで日本ではデリケートゾーン専用ケアクリームが少ないの?

 

海外モデル

 

海外ではアンダーヘアの脱毛が、かなり前から日常化していたようで、海外製品が多いみたいです。
でも日本はその歴史が浅いので、専用のケアクリームも少ないと。
なるほど!って感じですよね(-。-;

 

 

でも、だからって海外製品が良いのか?と思いますが、私は疑問に思うんですよね。
だって海外と比較出来ないと思うんです。

 

 

白人さん、黒人さん、日本人。
明らかに肌質からメラニン色素の生成量など、違いますよね?
白人さんは歳をとってもピンクだって聞いたことがあります(T_T)

 

 

そういう点から考えても日本製の「イビサクリーム」は安心出来るケアクリームなんですよね。
それが通販で購入出来るようになるんですから、そりゃあ人気も出るはずです。

 

 

じゃあ、イビサクリームを使えば黒ずみは治るのか?

最終的には、黒ずみの解消がゴールだと思います。
そして、期待はしてしまいますが、おそらくピンクになる事はないと思います。
あくまで個人意見ですが、悪化させない事、薄くなるというのが目指すべきゴールだと思ってます。

 

 

だって、塗っただけで黒ずみが治るなんて考えにくいですよね。
でもやっぱり「自信が持てるかどうか」ってめちゃくちゃ大事だと思うんですよね。

 

 

メラニンの生成を抑えつつ、保湿する。炎症を防ぐ。

 

 

この基本ケアが重要で、乾燥したり、ブツブツが出来たりしている肌って健康的とは思えないですからね。
まあ、見た目もいやですしね。。。

 

 

結果的にターンオーバーが不健全になると、お肌の状態って悪化すると思います。
とくにデリケートゾーンは「まぶたより皮膚が薄い」って言いわれてますよね。

 

 

だから過度な期待をするのではなくて、健康的な肌の状態をつくって、正常なターンオーバーを保つ事。
持論ですが、これが一番美白への近道だと思っています。

 

 

そして、少しでも今より自信が持てるようになる努力こそ、「愛されボディ」の条件じゃないでしょうか(^。^)

 

自信